書籍ロッカーなんてものがあれば…

つい先日、ある出来事で題目のようなことを思ったわけです。

僕は読書が好きなのですが、基本はインターネットで本を買っています。ほしい本が簡単に見つけられ大抵翌日には手元に届くのでとても便利で今では生活になくてはならない存在と言っていいほどです。しかし突発的に「今日は終日読書に明け暮れよう」なんてときもあります。手をつけていない本が家に何冊もあればいいのですが、そうもいかないときもあります。そうなると本屋さんへ出向きます。

先日の場合だと以前から読みたいと思っていた本を数点ほど探しに出向いたのですが、全てを探し出すのに一時間弱も掛かってしまいました(途中違う棚を拝借したり寄り道もありましたが)。新書ならいいのですが過去の書籍になると探すのも一苦労です。

そこで、ロッカーとネットを介した発注を連携させた仕組みがあれば便利だと感じたわけです。仕組みはシンプルで、突発的に本を買いたくなったユーザーは希望する本屋さんのホームページへアクセスします。そこで本屋さん備え付けロッカーを選択し、ほしい本をその中に入れます。これで発注は完了です。あとはそのお店に出向きロッカーに付いている支払い方法で支払いが完了するとロッカーが「ガチャッ」っと空く仕組みです。これらをスマートフォンで完結できれば僕はヘビーユーザーになるかもです。

そんなこんなでおそらく近い将来実現されないでしょうけど、本を探しながら書籍ロッカーならぬものを考えていた先日でした。

  • 2011.05.02
  • 日記っぽいこと